プロフィール

東京都出身。愛知県豊橋市在住。東京藝術大学大学院音楽研究科声楽専攻修了。新国立劇場オペラ研修所修了。2006年度文化庁新進芸術家海外留学制度1年派遣員としてイタリアに留学。第21回五島記念文化賞オペラ新人賞を受賞しドイツ・イタリアに留学。国内外の声楽コンクールにて受賞多数。2008年プッチーニ作曲『蝶々夫人』ピンカートン役でプロデビュー。以後、各地で様々なオペラ公演に主演、またコンサートにおいても国内外のオーケストラと多数共演、ソロリサイタルも精力的に行っている他、サロンコンサートなど幅広いジャンルのコンサートにも出演多数。メディアでは、2011年NHKドラマ「蝶々さん」にピンカートン役で出演、2016年ファーストアルバムCD「CARUSO」をリリース。海外では、2011年イタリア国立ジェノヴァ・カルロ・フェリーチェ劇場のオーディションにて、全世界から700人を超える参加者の中からテノールとしてはただ1人合格し、モーツァルト作曲『魔笛』武士役・僧侶役、プッチーニ作曲『ジャンニ・スキッキ』リヌッチョ役を歌って国際デビューを果たす。以後、同劇場にはほぼ毎シーズン出演し、特に2015年秋のシーズンオープニング公演では同ジェノヴァ市を舞台としたオペラ、ヴェルディ作曲『シモン・ボッカネグラ』にガブリエーレ・アドルノ役で主演、公演の模様は全世界にライブ配信され、高い評価を得た。また、2017年にはヴェルディ作曲『ドン・カルロ』ではタイトルロールを演じ、確固たる評価を得ると共に、大きな存在感を示している。2019年にもカザフスタンのアスタナ・オペラにゲスト歌手としてドン・カルロ役で登場し、満場のスタンディング・オベーションで迎えられた。世界の主要劇場で主役を歌う数少ない日本人歌手として活躍を続ける一方、世界トップクラスのアーティスト達との数多くの共演を通じて得た音楽経験、舞台経験を生かし、指揮者としての活動も開始。2018年5月より混声合唱団スコラ・カントールム・ナゴヤの常任指揮者に就任。また、後進の指導にも積極的に当たっているほか、プロ向けの舞台発音指導、歌詞翻訳、オペラや音楽文化についての講演会など、幅広く活動を行なっている。