リモート出演に初挑戦!

11月19日に長崎市のチトセピアホールにて行われた「名曲コンサート」(長崎県音楽連盟主催)。古関裕而の「長崎の鐘」をはじめとする名曲が、地元の音楽家の方達によって次々と披露される中、なんとリモートで自宅からこの演奏会に出演しました!
自宅でタキシードに着替え、さあ本番!という全く新しい感覚。
自宅のWIFIなので通信が上手くいくか不安でしたし、弾き語りでしたのでちょっとドキドキ!
途中、ピアノソロの部分で少し通信が乱れたようですが、歌の部分は問題なく届いたようでした!
長崎県音楽連盟さんのホームぺージにて、当日の会場からの動画がアップされていますので、こちらでシェアさせて頂きます。

長崎市マダム・バタフライ・フェスティバル2021開催決定!

プッチーニのオペラ『蝶々夫人』の舞台である長崎市で行われるマダム・バタフライ・フェスティバル。
今年はコロナ禍により残念ながら中止となってしまいましたが、来年は1月23日より開催予定です!
「今、伝えたい歌、今だから歌いたい歌」
改めて、誰かのために演奏が出来る事の幸せと喜びを感じさせられました。
まだまだ厳しいコロナ禍中ですが、元気を出して頑張っていきたいと思います!

そして、親子向け企画として「プッチーニおじさんのマダム・バタフライ物語」を上演します!
人気声優の堀江一眞さん演じる「プッチーニおじさん」が楽しくプッチーニのオペラや蝶々夫人を紹介します。
こちらも楽しみです!

マダム・バタフライフェスティバル2021公式ページはこちら

岡田尚之テノール オンラインコンサートが朝日新聞で紹介されました!

朝日新聞さんより、オンラインコンサートの取材をしていただき、10月9日の朝刊紙面およびウェブ上にて記事を掲載して頂きました。
記者の方のお名前は小山裕一さん。連続テレビ小説「エール」の主人公「古山裕一」と漢字違いの同姓同名でビックリ!
とても暖かい記事を書いて頂きました!

https://www.asahi.com/articles/ASNB86X90N9YOBJB003.html

オンラインコンサート 特別インタビュー動画を公開しました

先日配信された「岡田尚之テノール オンラインコンサートvol.2 〜歌と映像で楽しむ旅 イタリア編〜」より、特別インタビュー動画を公開しました。
私がイタリアで共演したイタリア人歌手やピアニストの方々に、ビデオ通話によるインタビューを行いました。
コロナ禍での活動や、日本の聴衆の方々へのメッセージをいただき、そして生演奏も披露してくださっています。
オンエア時の私の生トークによるご紹介と共に、世界の第一線で活躍されるトップアーティストによるアットホームな感じのインタビューをご覧ください!

岡田尚之テノール オンラインコンサートvol.2 特別インタビュー動画 Part1 アントネッラ・ビオンド(ソプラノ)
https://www.youtube.com/watch?v=7qCsWsxDhho&feature=youtu.be&fbclid=IwAR1cxS8dw4_BMstIS4h4vPhfK6JFVvz9-a3NQ2mxhs4M7tBfzYmS8HX5AQA

岡田尚之テノール オンラインコンサートvol.2 特別インタビュー動画 Part2 アンドレア・マストローニ(バス)/ ヴィンチェンツォ・タラメッリ(ピアニスト)
https://www.youtube.com/watch?v=5pI2ZxC6kuM&feature=youtu.be&fbclid=IwAR12_-WjgIeB6XGoicUDcu5Vf_7XxE_Bh-05e-tJupLGRGXsHYg5FaoQtx4

岡田尚之テノール オンラインコンサートvol.2 特別インタビュー動画 Part3 アルベルト・ガザーレ(バリトン)
https://www.youtube.com/watch?v=Ja3PfLNTUPA&feature=youtu.be&fbclid=IwAR12_-WjgIeB6XGoicUDcu5Vf_7XxE_Bh-05e-tJupLGRGXsHYg5FaoQtx4

岡田尚之テノール オンラインコンサートvol.1】 「コロナには負けない。」 本日20時より配信開始!

いよいよ今日、配信です!
応援よろしくお願い致します。

本日のプログラム(全曲日本語字幕付き):

♫ジョルダーノ作曲:オペラ『アンドレア・シェニエ』より「ある日青空を眺めて」(即興詩)
♫ベッリーニ作曲:銀色に染める優雅な月よ
♫デ・クルティス作曲:泣かないお前
♫マスカーニ作曲:オペラ『カヴァレリア・ルスティカーナ』より「泡立つワインよ万歳」/「間奏曲」
♫チレーア作曲:オペラ『アルルの女』より「フェデリーコの嘆き」
♫プッチーニ作曲:オペラ『トゥーランドット』より「誰も寝てはならぬ」

出演:岡田尚之(テノール)、重左恵里(ピアノ)
映像:(株)モーションスタイル

https://twitcasting.tv/f:3024234171005714/shopcart/11135

【岡田尚之テノール オンラインコンサートvol.1】 人の繋がりに感謝

この企画を立ててから配信までわずか半月ほど。
本当にあっという間に、凄まじいスピードで実現に向かいました。
それが叶ったのは、何よりも多くの方々の並々ならぬご協力があったからこそです。月並みな言い方になってしまいましたが、本当にこの通りなのです。

オンラインで配信するにはカメラ・映像技術は欠かせません。
株式会社モーションスタイル様には、細かな事まで気にして頂き、最高のコンディションを整えて頂きました。
ピアニストの重左恵里様にも、あまりにもタイトなスケジュールの中、ご無理を快くお引き受け頂きました。
会場となるスタジオ・ハル様にも、急なお願いにも関わらず、ホールをお借りすることが出来ました。スタジオ・ハル様は、オーナー様のお姉様が、私が大学受験の際にピアノとソルフェージュを教えて頂いた恩師で、ご縁を感じました。
企画を立てた翌日には、こうした方々のご賛同を得られ、すでに形が見えて来たのです。
そして、配信の告知後は、多くの方々から応援のメッセージを頂きました。本当に感謝しかありません。

すべては人の繋がりだと思います。この厳しい状況下であっても、「あなたの歌で元気をもらったよ!」とか、「お互い頑張ろう!」と言って頂けるのはとても幸せな事です。
人から人へ感染する疫病は、まさにこうした人の繋がりを絶ってしまうものです。本当に恐ろしい事です。
オンラインの技術が発達していたのは大きな救いであり、希望だと思います。この憎らしいウイルスなんか、踏み台にでもしてぶっ潰してやらなきゃ気が済まない。みんなでこの困難な状況を乗り越えて、「あん時はしんどかったよなぁ」って言える日が来ると信じて、頑張っていきたいですし、頑張っていきましょう!そうするしかないですね。

そして、こうしたあらゆることのきっかけを作ったり、動き出した自分の背中を押してくれたのはカミさんです。本当にありがとう😊
こうしてみんながいてくれて、自分がいる。そう思います。

【岡田尚之テノール オンラインコンサートvol.1】 この企画への思い

様々なところで今の厳しい現状を見聞きします。本番が中止、延期になった、ホールの予約だけがポッカリ残ってしまった、あるいは、ホールやスタジオの利用が減ったしまった、など。いきなり直面させられたこの状況をなんとかできないか。
それでも、このコロナ騒ぎの間は仕方ないからこのやり方で、というものにはしたくありませんでした。オンライン飲み会をやってみて、確かに普段来れない人が参加出来たり、こんな状況でも顔を見て話が出来るだけでも嬉しい。でもやっぱり同じ場所で触れ合って時間を共有してワイワイやりたいよな、みんな集まれるようになったら、わざわざオンライン飲み会はしないかもな、と思ったんです。だから、コロナが終わっても、これはこれでアリだよね、と思えるようなものを作りたい。そういう思いが根底にあります。

通常のコンサートと同じことをやっただけではオンラインの良さは活かせない、オンラインだからこそ出来ることをやっていくべきだろう、と考えました。オンラインにはまだ無限の可能性が残されていると思います。演奏だけではなく、様々なコラボも可能だと思います。

オンラインコンサートの形態は様々だと思います。
生演奏に代わるものとしてではなく、別の新しいコンサートの形として、こんなのもアリじゃないかな、という提案をしたいと思っています。
演奏家にとっては、コンサートは仕事ですから、日常の一部です。ですが、お客様にとっては、特別な機会だと思います。
オンラインコンサートは、その特別な機会をもっと身近なものにしていきたい。そして生演奏を聴くコンサートをより特別なものにしていきたい。演奏家にとっても、もっと演奏の機会を増やしていきたい。
そんな思いでやっています。

【岡田尚之テノール オンラインコンサートvol.1】 企画のきっかけ

同業者の方はきっと皆さん同じだと思いますが、3月からピタリと本番がなくなってしまいました。延期も含めれば、影響を受けた本番数はゆうに二桁に達します。本当に死活問題です。
世の中ではテレワークへの移行が急激に進みました。音楽業界でも、リモート演奏など、今まで誰もやった事のない事が始まりました。
これらはすべて、このロクでもないウイルスへの私達の抵抗です。感染拡大防止を考えれば人と人の交流を絶たなければならない。それでも、現代の発達した通信技術のおかげで、離れていても交流を続ける事が出来たおかげで、みんな今この状況でもやれる事を模索した結果です。
その中で、オンラインならではの良さを活かした新しいコンサートのスタイルを作れないかと立ち上げたのがこの企画です。
zoomを使ったオンラインセミナーや講演会を聞く機会があって、一般の講演会とは違ったメリット、デメリットを感じました。
音楽においては、最大のデメリットは生演奏に勝るものはないという事です。演奏家にとっては、あの空間をお客様と共有する事で存在意義が感じられると言っても過言ではない部分があります。
とはいえ、記録媒体の発展と共に、瞬間芸術である音楽も保存されるようになって来ました。もっと気軽に楽しめるようになって来たわけです。
オンラインの最大の強みは、気軽さ、手軽さにあります。
お客様にとっては、好きな環境で、肩肘張らずに楽しむ事が出来ます。
主催者にとっては、紙媒体のチラシやチケットを作る必要もなく、告知もオンラインになるので、準備が非常に簡略化されます。
演奏家にとっては、無観客での本番演奏というのは未知の領域ですが、慣れもあるでしょう。
こうしたメリットを活かして、通常のコンサートよりもお手頃に、短いスパンで新しいものを提供していくスタイルを考えました。

【岡田尚之テノールオンラインコンサート】のご視聴方法

パソコンまたはスマートフォンから、こちらのURLをクリックください。

https://twitcasting.tv/f:3024234171005714/shopcart/11135

ページの下部の「ログインして購入する」をクリックしてください。



購入にはログインが必要となります。
twitter、facebook等のアカウントをお持ちのかたは、そのアカウントでログイン出来ますので、それぞれ対応するアイコンをクリックしてログインしてください。
ツイキャスのアカウントをすでにお持ちの方は、ツイキャスアカウントでログイン出来ます。
いずれもお持ちでない場合は「キャスアカウントを作成」をクリックし、アカウントを作成してください(無料です)。



アカウントを作成する場合:
アカウントID(お好きなもの)、お名前(ニックネーム可)、email、パスワードをご自身で設定の上、入力してください。

ログインすると、再度商品詳細のページに戻りますので、ページ下の「購入する」をクリックしてください。

購入手続き画面になりますので、メールアドレス、商品名などをご確認ください。
また、商品購入情報の下に「購入を公開」というチェックボックスがあります。
ここのチェックを外すと、購入したことが他の人から見えなくなります(チェックを入れたままにしておくと、商品詳細ページの「こんな人が購入しています」という欄にIDのアイコンとお名前が表示されます)。



「確定してお支払いへ」をクリックしてください。

ご希望のお支払い方法を選んでクリックしてください。

購入完了画面が表示されたら、「サポーターになって配信をチェック」の欄の「サポーターになる」というボタンをクリックして頂くと、配信通知を受け取れるようになりますので、クリックをお願いします。



配信開始時間になりましたら、配信が始まります。

以下のツイキャスヘルプもご参照ください。

https://twitcasting.tv/helpcenter.php?pid=HELP_PREMIER_LIVE_BUY#view